HOME > 相続とは > 相続の流れ

相続の流れ

相続の流れ

区市町村長に死亡届を提出します(7日以内)。相続は被相続人の死亡により開始します。

自筆証書遺言・秘密証書遺言の場合は家庭裁判所への検認が必要です。

詳しくはこちら

リストを作成し、遺産の種類、財産評価を明らかにします。

法律、もしくは遺言書にしたがって確定します。

財産の目録をもとに選択し、手続きを行います。(3ヶ月以内)

遺産分割協議書を作成します。

不動産の所有権移転登記、預貯金の名義変更や解約などの手続きを行います。

相続財産が一定の基準を超える場合は、税務署への申告・納税が必要になります。(10ヵ月以内)。
詳しくはお問い合わせ下さい。